芸能人だって結婚相談所で活動する時代なんです

みなさま

あけましておめでとうございます。

 

昨年は、私が代表として運営していたブランシュール結婚相談所の

成婚実績等が認められ、大手の会社との業務提携により、

現在、株式会社ペアーズブランシュールの

ペアーズブランシュール結婚相談所

の運用責任者を務めています。

その傍、こうして個人坂本寿代として

アラフォー世代に特化したサポートをさせていただいております。

そんななかで新年早々

芸能界でモデルやCMで活躍している30代後半の

女性タレントが入会を決意されました。

 

皆さん想像する様に顔はちっちゃくて

可愛い女性ですから

別に結婚相談所に登録しなくても沢山の

出会いってあるんじゃないの‼️

って考えますよね。

 

もちろんあります!!!!

 

こんな可愛い女性ですからアプローチも

わんさとあります。

でも、でもですね、この女性

「恋愛するなら別に困っていないし、出会いも沢山あるんです、

でも

恋愛と結婚って別ですよね」

キッパリとおっしゃいました。

 

日頃坂本が皆さんにくちを酸っぱくして

お伝えしていることをまさにこのタレント女性は感じていたんです。

 

だから自然な出会いや、

まして白馬の王子様なんて

さらっさら期待していないようです。

 

この女性、婚活の手始めに

婚活アプリを利用されたようです。

タレントなんで真っ正面のお顔をのせるわけにもいかず

シルエットだけを載せたところ

さっぱりオファーが来なかったそう。

そこでちょっと横顔節目がちで

わかるかわからない程度にお顔を載せたところ

急にオファーが沢山きたようです。

 

「坂本さん、やっぱ男性は顔でセレクトしますよね」

 

とおっしゃっていました。

その中で数名直接やり取りしたり、

実際にお合いしたりしたようでうですが、

ほとんどの男性が、

プロフィール詐称だったとか。

 

特に酷かったのは、10歳もサバを読んで

53歳なのに43歳と平気で嘘ついていたようで、、、、。

2~3歳なら可愛いですが、さすがに10歳って

どうなの⁉️

と人間性を疑ったとか。

 

またアプリって会うまでに何度かやり取りする時間も

必要で、その後実際に会って、

「実は、、、、、」

なんて嘘を白状されても信用無しで、

「はっきりいって時間の無駄‼️」

はっきりおっしゃいました。

 

次にトライしたのが、婚活パーティー

そこでも数回参加したものの、

大した出会いはなく、あまりにも可愛いので

男性からは「サクラでしょ」といわれる始末。

 

そんな中で、うちのダーリンが

モデル事務所とのお付き合いもあったことから

彼女と出会ったわけです。

 

結婚相談所のシステムをひと通り説明したところ

散々アプリでプロフィール詐称を経験してきた彼女は、

「独身証明書、学歴証明書、住民票、源泉徴収、個人証明書」

の提出をしないと、サイトにアップしてもらえない事や

ひとりひとりにサポートが付くことや、

誰でも自由に閲覧できるサイトではなく、

結婚したいという希望のある会員さんのみに

限定されている点なども

非常に安心して出会えるんですね❣️

入会を決意してもらえました。

 

これから彼女の婚活については

時々配信したいと思いますが、

益々結婚相談所のサイトのレベルが高まり、

結婚相談所だからこそステイタスの高い独身者に出会える時代に

なっていく予感がします。

ご興味ある方は、ぜひお気軽に

ご連絡くださいませ。

 

****無料PDF配布中!!***

♡これだけで結婚できる!坂本寿代婚活メルマガ同時配信♡

【婚活がうまくいく流れ】結婚したい!そう願った時が貴女の適齢期♡そう信じる貴女に素敵な結婚に導くバイブル!

こちらからどうぞ

【婚活実話収録】5人の女性の婚活物語の実話です!!

こちらからどうぞ

【理想の彼と出会う方法】30代からの、あなたに相応しい理想の彼との出会い方を伝授!

こちらからどうぞ

 

>次の出会いで本当のパートナーと出会う

次の出会いで本当のパートナーと出会う

結婚したら自分の自由が奪われる、そんな間違った考え方をする多くの男女と出会ってきました。
でも真実は違います。自分に相応しいお相手と結婚することによって
自分ひとりではできなかった輝く未来が待っているのです。
それは子供を持ち、親になるという喜びであったり
誰かがそばにいるという安心感であったり
何かに挑戦しようとすることへの実現であったり
何気ない日常の平和な時間であったり
結婚ってええもんやなぁ。20年経った今も本当にそう思います。
真剣にパートナーと出会いたい!そんな方をとにかく応援したい!
そんな気持ちでこのブログを届けています。