婚活女性あるある「私普通の年収でいいんです」

さて皆さん、

男性の普通の年収っていくらを想像しますか?

婚活女性の49.1%は

400万以上600万未満

想像しています。

 

婚活をしたいとうちに来る会員さんは

普通ってどのくらいを想像してるの?

と聞くと

「500万円あれば、、、。」

とおっしゃいます。

 

確かにそうですよね。

 

そうなんです、そのくらいないとね!!

 

でも実際のところ

400万以上600万未満稼いでいる男性は

日本のなかで約1/5程度なんです。

え~っ、だって私の周りの男性は

 

もっともらえてるで!!

 

そう感じている女性もいるかもしれません。

 

それはあなたの周りの環境が

大学を卒業して普通以上の企業に入社していれば

30代で400万以上600万未満は当然

そのような環境なんです。

 

でも日本全国を押しなべるとそうではない事実を

まずはご理解ください。

 

600万円以上になるとわずか

8.2%というのが

悲しいけれど現実なんです!!

 

だからアプリを利用して結婚したカップルが

聞いてた年収と違うじゃん!!

と揉めるという話を聞かされます。

 

アプリでは既婚の男性も混ざっているし

営業目的の男性もいるし、

この前聞いた話によると

10歳もさばを読んで活動しているメンズもいるとか、、、。

 

ただ、年齢なんかはバレるけど年収については

源泉でも見せてもらえない限り、

男性が白状しない限り、

結婚して財布がひとつになるまで見えないんです。

 

だからこそ!!

 

だからこそここ数年、

共働きが主流

になってきているんです。

 

先日プロポーズした男性ですが、

1000万円以上もらっていても

女性には働いていてもらいたい!!

 

そんな風に考える危うい世の中なんです。

 

だから男性がたとえ300万でも、

女性が300万稼げば

ふたりの年収は600万円になるんです!!

 

それでとりあえずはやっていけるじゃない!!

 

計算上はね!!

 

ところが女性ってすごいですよね(私も含めて)

 

自分の年収は

「とりあえず」

の枠にしまっておくんですよね、どんなに稼いでいる女性でも。

 

そして

男は稼いでくるもの!!

この考えが今の世の中でも当然のように

女性の頭にはあるんです。

 

「だって私はいつ辞めるかわかんないし!!」

「子供ができたら子育て期間は働くのが大変だし!!」

 

そのくせ、

 

男性には家事能力を求める女性の多いこと!!

 

「え~っ一人暮らししてないの?家事できんの!!」

「家事は全部任せっきり?私も働いてんですけどお」

「育児は当然ふたりで共同責任だよね!!」

 

こんな声は婚活女性の間でよく耳にします。

 

年収は日本の平均金額以上の男を

選びたい!!

でも家事能力もあるほうがいい!!

 

なんでやねん!!

 

年収に文句つけんねんやったら

あんたはしっかり家事しなさいよ!!って

いいたいわ。

 

女性の諸君よ!!

婚活をしていて

早くに幸せな結婚ステージを手に入れるには

足るを知る

この一言に尽きるんです。

強欲にあれもこれもと

自分の要求だけを押し付けて、

年齢だけ重ねていくアラフォー女性たち。

 

私はアラフォー女性の味方だけど、

 

この現実きちんと受け入れて

自分立ち位置理解できない女性は

 

正直、

時間かかるよ~

というしかないんですよね、ほんとに。

 

****無料PDF配布中!!***

♡これだけで結婚できる!坂本寿代婚活メルマガ同時配信♡

【婚活がうまくいく流れ】結婚したい!そう願った時が貴女の適齢期♡そう信じる貴女に素敵な結婚に導くバイブル!

こちらからどうぞ

【婚活実話収録】5人の女性の婚活物語の実話です!!

こちらからどうぞ

【理想の彼と出会う方法】30代からの、あなたに相応しい理想の彼との出会い方を伝授!

こちらからどうぞ

 

>次の出会いで本当のパートナーと出会う

次の出会いで本当のパートナーと出会う

結婚したら自分の自由が奪われる、そんな間違った考え方をする多くの男女と出会ってきました。
でも真実は違います。自分に相応しいお相手と結婚することによって
自分ひとりではできなかった輝く未来が待っているのです。
それは子供を持ち、親になるという喜びであったり
誰かがそばにいるという安心感であったり
何かに挑戦しようとすることへの実現であったり
何気ない日常の平和な時間であったり
結婚ってええもんやなぁ。20年経った今も本当にそう思います。
真剣にパートナーと出会いたい!そんな方をとにかく応援したい!
そんな気持ちでこのブログを届けています。