婚活女性で過去の恋愛経験に縛られている人は意外と多い

女性が元彼に別れを告げられ、次に進めないというのはよく聞く話。

でも結婚相談所に入会する女性も

結構過去の恋愛や離婚をひきづっているケースが多い。

若い純粋な心で人を愛すると、誰もが一生この人と一緒にいたいと思います。

実は私も若いころはそれなりに過去の恋愛に引きずられた経験があります。

私と同じような思いをしている女性の話を聞くことって実は多くて

もう2度とこんなに愛せる男性とは出会えないはずと諦め、

多くの女性が「もう二度と私が本当に好きになれる人は現れないのだ」と

思い込んでしまいがち。

本当に自分もそうだったからわかる!!

人の心は不思議なもので、

男女問わず相手からの一方的な通告によって別れた人は、

いつまでたっても相手に対して未練の気持ちを残すもの。

そうした気持ちがあるために新しい恋愛に踏み出せず、

2年、3年、4年……と月日は経過していきます。

執着というのとはちょっと違うと思いますが、

誰でも性格が真面目であればある程、思いが残るのかもしれません。

まして、気持ちがまだ残っているのに新しい彼に目を向けることは困難と言えるでしょう。

元彼への気持ちが残っているために、新しい彼になりそうな人が目の前に現れた時、

「元彼はこうだった」

「元彼ならこんな時こうしてくれた」

などと比較してしまうと、新しいお付き合いはなかなか発展していきません。

うちの会員さんにもやはり元彼が忘れられずに

でも「結婚して子供が欲しい」

そんな想いで入会された女性がいました。

彼女は一生懸命いろんな男性と出会ってみますが、

元彼と比較しているのは周知の事実。

私は彼女と月に1回会っては彼女といろんな話をしました。

時には諭し、時にはまったく違った話をしながら。

そして彼女は

少しずつ少しずつ現実を受け止めていきました。

私の経験から彼女に伝えて響いた言葉がありました。

「元彼に執着して未練たっぷりに過ごしている時間も自分も嫌だった!!

だからもっと魅力的な自分に生まれ変わりたかった」

当時の自分は

そうだったからこそ新しい一歩を踏み出すことができたことを伝えたんです。

彼女なりにその言葉を重く受け止めてくれ、

彼への気持ちを整理していき、1年あまり経ったところ、

2歳上のイケメン男性と出会い、

あっという間にプロポーズを受けて成婚退会されていきました。

いまでもおっしゃいます!!

「あの時辛かったけど、頑張ってよかった!!

あのままずるずる引きずったままでいたら、きっといまの幸せはなかった!!

でもあのときの自分は、こんな幸せな人生が待っていることも知らなかった!

きっと、あのときあんなに苦しんだからこそのご褒美だと思います、

後ろを振り返らず、辛くても前を向いて歩いたからこその「今」なんですね。」

彼女のように忘れられないうちは

元彼以上に自分が愛せる人はいないって絶対的に信じてるし、

それ以上の人に出会えることも想像できないんですよね。

私も経験者のひとりだからわかります。

あなたがいま元彼への想いに悩んでいるなら

あなたにも聞きたいです、

今の自分好きですか?

私はうじうじした自分が嫌いだった!!

求めても手に入らないことに執着している自分がみじめだった!!

だから自分磨きをしました。

魅力的な女性になる努力をしました。

その結果、

元彼以上の新たなステージでのお相手に出会えたんです。

別に私と同じことをしなさい!!と言ってるわけではなく、

私の経験談を話ただけです、ご参考になれば。

****無料PDF配布中!!***

♡これだけで結婚できる!坂本寿代婚活メルマガ同時配信♡

【婚活がうまくいく流れ】結婚したい!そう願った時が貴女の適齢期♡そう信じる貴女に素敵な結婚に導くバイブル!

こちらからどうぞ

【婚活実話収録】5人の女性の婚活物語の実話です!!

こちらからどうぞ

【理想の彼と出会う方法】30代からの、あなたに相応しい理想の彼との出会い方を伝授!

こちらからどうぞ

 

 

>次の出会いで本当のパートナーと出会う

次の出会いで本当のパートナーと出会う

結婚したら自分の自由が奪われる、そんな間違った考え方をする多くの男女と出会ってきました。
でも真実は違います。自分に相応しいお相手と結婚することによって
自分ひとりではできなかった輝く未来が待っているのです。
それは子供を持ち、親になるという喜びであったり
誰かがそばにいるという安心感であったり
何かに挑戦しようとすることへの実現であったり
何気ない日常の平和な時間であったり
結婚ってええもんやなぁ。20年経った今も本当にそう思います。
真剣にパートナーと出会いたい!そんな方をとにかく応援したい!
そんな気持ちでこのブログを届けています。