誰でもできる!女性が思わず胸キュンしちゃう!LINEの使い方

LINEってメールよりも簡単で、使いやすいコミュニケーションツールです。

送り手からは、見ているのか見ていないのかが一目瞭然でわかる「既読」機能はとっても便利!

送られた方も、文字打ちが面倒くさい時に便利なスタンプがあったりと、、、。

そんな簡単便利なLINEは恋愛の必須アイテムとなっていますすが、

使い方ひとつで女性の気持ちが胸キュンにもドン引きにもなることがあります。

そこで今回は、女性の心を胸キュンさせてしまうような、誰でもできる

ちょっとしたテクニックを教えますね。

1、LINEの文章の中に相手の名前を入れる! 

女性って誰でも名前を呼んでもらうと嬉しいものです!!

「え~そんな簡単なこと、僕もやってますよ」という男性もいらっしゃると思います。

でも毎回必ず名前入れてますか?って聞くと、

う~んどうかな?と答えに自信がなくなっていきます。

LINEの場合、簡単で便利さゆえに文章をどんどんへし折っていく傾向にあります。

そして最初は

「〇〇さん、こんにちは・・・・・・」から始まっていたのが、

「今日暑かったね・・・・・・」という出だしに変わっていったりするのですが、

どうでしょう、そんなことありませんか?

LINE慣れしてくると、言いたいことだけになってしまって、

女性の名前すらも文章の中から消えてしまうんです。

これって気付かないうちにやっちゃってる男性が多いのですが、

モテる君はそこを必ず押さえています!!

そして女性は、毎回名前で呼ばれていると、会っていなくても

「親近感」「好意」を持ったり、

仕事が忙しくてなかなか会えない男性でも

会っている錯覚にとらわれてしまうのです。

ここで注意して欲しいことは、この単純接触効果(接する機会が多ければ多いほど、相手に好感を抱きやすくなる)

という心理学の法則を利用するときには、第一印象で少なからず楽しく話し合えた!と思える女性のみに効果があること。

そこまでいってない女性で、これから振り向かせようとする女性には逆効果ですから使わないでくださいね。

2、女性のLINEに共感してあげる  

例えば、

「今日渋谷に行ったら素敵なバッグがあったので買っちゃいました」

というLINEをもらうと、

ふ~んと自分には興味のない話なのでスル~してしまって

「今日は暑かったね」と返信することってないですか?

男性のよくやるパターンです。

女性側からすると「話聞いてんの?」となります。

女性会員さんからも交際中のよくあるクレームの話です。

こんな時には、まず女性の感情に共感してあげることが大切です。

「素敵なバッグ、買えてよかったね~」「いいね~」「よかったね~」「ラッキーだったね~」等々。

難しく考える必要はありません。

「・・・・・で楽しかったんだよね~」

と女性からLINEが来たら

「楽しかったんだ、よかったね~」「いいね~」

これだけでいいんです。

すると女性は共感してくれたことに話すのが楽しくなります。

こういう関係が続くと、

この男性は私の気持ちを理解してくれている=好感を抱く

という図式になります。

このことは、LINEではなく実際にお話をするときにも応用できますのでぜひ使ってみてください。

3、好き!!の言葉を連呼する

タイトルからして無理だよ…という内容ですよね。

気になる女性に

「僕、キミのことが好きです」なんて

よっぽどYESの確率が高くないとできませんよね。

でもね、例えば

「僕、〇〇さんと同じでイタリアン好きだな!」

「〇〇さんのワンピース綺麗なブルーだね、僕その色好きだよ」

という好き!!なら言えませんか?

告白ではなく、なにげないLINEのやり取りの中で、好き!という言葉を散りばめていってください。

1回のやり取りで多くなくてもいいです。1~2回必須で。

すると本当に不思議なんですが、女性って自分のことを好き!って

告白されているように勘違いするんです。これ本当です。

そして数回会った時に女性が満更でもなかったらこう聞きます。

「ねぇ、私たちってどんな関係?」

そうしたらしめたもの! 彼女はあなたに恋している証拠なんです。

4、女性はこんな言葉に胸キュン

雰囲気が良かったデートの帰りに

「こんな楽しいデートは初めてだったよ、ありがとう」

こんなLINEメッセージを送ってみましょう。

ここで重要な言葉は「初めて」です。

女性はこんなLINEをもらったら、

「自分が、この男性にとって初めてデートで感動させたんだ!」

という喜びを感じます。

それどころか、自分がその男性のナンバーワンになったような

スペシャル感を感じてしまいます。

ほぼキミのことが好きだよ!!と告白されている感、満載です。

実際にそこまで男性に好意を持っていなかった女性も

この一言でノックアウトされる場合もあるくらい、強烈な言葉です。

使い方は、上記のように告白感満載バージョンじゃなくても、

例えば恋人未満友達以上なら

「こんな美味しいイタリアン初めて食べたよ。紹介してくれてありがとう」

「おすすめの映画見た。初めて映画で泣いちゃったよ!」

のように、彼女が〇〇してくれた、すすめてくれた、やってくれた、

そのようなことに対して「初めて」感満載のLINEで送ってみてください。

女性はその男性に対して役に立てたという喜びを感じます。

そして自分が気に入ったもの、好きなことに対して同じ感情を持ったということは

価値観が合うかも

という好感情も同時に湧いてくるんです。

いかがでしょうか、ちょっとしたコツで女性って受け止め方が違ってくるでしょう。

>次の出会いで本当のパートナーと出会う

次の出会いで本当のパートナーと出会う

結婚したら自分の自由が奪われる、そんな間違った考え方をする多くの男女と出会ってきました。
でも真実は違います。自分に相応しいお相手と結婚することによって
自分ひとりではできなかった輝く未来が待っているのです。
それは子供を持ち、親になるという喜びであったり
誰かがそばにいるという安心感であったり
何かに挑戦しようとすることへの実現であったり
何気ない日常の平和な時間であったり
結婚ってええもんやなぁ。20年経った今も本当にそう思います。
真剣にパートナーと出会いたい!そんな方をとにかく応援したい!
そんな気持ちでこのブログを届けています。