モテたい! そう願うなら婚活女子を狙う。

想像してみてください。

皆さんが公園を散歩していました。

すると向こうから可愛い女性が、おもむろに駆け寄り、恥ずかしそうに

「私と付き合ってください」

こんなこと言われたら超超、幸せですよね

まぁこんなことは、99%ありえないことですが、

あなたが少しの行動を取ることによって

モテちゃったりすることがあるのです!

それを今日はお伝えしましょう。

目次

1、そもそも日本で恋愛している人は全体の3割しかいない

2、男性は、基本8割が受け身の生き物だという事実

3、女性にとって恋愛と結婚は別!!

4、婚活女性を狙うならココ!

 

1、そもそも日本で恋愛している人は全体の3割しかいない 

えっそんなに少ないの?と思われる方、当然だと思います。

巷で恋人同士が街を歩く姿はよくみる風景ですから。

「恋人がいる人は3割」の話で言うと、女性は約30%のところ、

男性は約20%台しかいないんです。

8割近く(恋人が)いないわけ。それは草食男子と言葉が使われる今に始まったことではなく、

昭和の時代から、なんです!!

だからそもそも彼女がいない男性なんて普通なんですよ。

ではなぜこんなに実際感じるよりも少ない数字なのでしょうか?

2、男性は、基本8割が受け身の生き物だという事実 

「男は女にアプローチするのが当たり前でしょ!」というのは

恋愛本や雑誌で振り回された話。

男社会である日本では全て男性による上から目線の構図が出来上がっています。

恋愛や結婚もそうで、「男性がイニシアティブを取り、リードしていって当然でしょ」

こうなったわけですよ、本当のところは。

ですが本来は受動的な生き物なんですね、オトコって。

女性は男性からのアプローチを待ってる。

男性はなかなか行けない。こんな悪循環の中でモテたい!と願っている

変な図式が出来上がっているのが現在です。

ただし、男性の中でも2割(彼女のいる男)は能動的ですから

女性にガンガンアプローチし、上手くいけば恋人同士になっているから

世の中で恋愛している割合が3割!という数字になってくるんですね。

3、女性にとって恋愛と結婚は別!! 

女性は恋愛と結婚それぞれで、男性の選ぶ基準を変えていることはご存知ですか?

まず外見ですが、恋愛の場合「外見最重視」されます。

竹内涼馬くんのようなセクシーな男性に壁ドンでもされたら崩れ落ちる女性だらけです。

ところが結婚となるとそんな女性は、イケメンを嫌がります。

竹内涼馬くんのような夫だと、女性が放っておきませんから

ガンガン浮気されるに決まっている! そう考える女性が大半です。

外見はほどほど(清潔感は大事!!)だよ。これって男性にとってはハードル低くないですか?

婚活女性は「ときめきをくれる関係」より

「信頼と安心をくれる関係」を望んでいるのが実情です。

4、婚活女性を狙うならココ!

婚活女性の活動の場所は合コンやパーティ、出会い系サイトや結婚相談所等。

ここでも合コンやパーティとなるとハードルが高い!って感じる男性もいますよね。

そこでおすすめなのは「お見合い」という制度をとっている結婚相談所!!

何がおすすめかと言いますと、お見合いって

お互いにプロフィールを見て会ってみようかな?とお互いに感じた者同士が合うのですが、

最初から声をかけて自分からアプローチしなくていいという、非常にハードルが

低い出会いが実現できます。

しかも出会う女性は職業、年齢層、住まい、趣味と

多岐にわたりますので、今まで出会ったことがないような女性、

出会えないような女性とも出会いのチャンスが生まれます。

しかも婚活市場はどこも6対4で男性の買い手市場となっています。

知っていますか?

アプリの場合だと、7対3で男性は売り手市場だという事実を!!

ちなみに、この結婚相談所のデメリットは

費用がかかる

真面目にパートナーを探したい人しか活動できない

となります。

とはいえ、

ライバルは少なく、

出会いのハードルは低く、

ワンランク上の女性とも出会えるチャンス

があるのです!!

ファイト!!です。

 

>次の出会いで本当のパートナーと出会う

次の出会いで本当のパートナーと出会う

結婚したら自分の自由が奪われる、そんな間違った考え方をする多くの男女と出会ってきました。
でも真実は違います。自分に相応しいお相手と結婚することによって
自分ひとりではできなかった輝く未来が待っているのです。
それは子供を持ち、親になるという喜びであったり
誰かがそばにいるという安心感であったり
何かに挑戦しようとすることへの実現であったり
何気ない日常の平和な時間であったり
結婚ってええもんやなぁ。20年経った今も本当にそう思います。
真剣にパートナーと出会いたい!そんな方をとにかく応援したい!
そんな気持ちでこのブログを届けています。